投信積立で節約して|充実したでんさいのサービスを受ける|割引でコスト削減

充実したでんさいのサービスを受ける|割引でコスト削減

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

投信積立で節約して

紙幣

投資信託は資産を増やす一つの手段です。そんな中でも投信積立という方法がこれから投資信託を始めるという人にはお勧めであり、人気も高まっています。どうして投信ツン積み立てが人気であるかと言うと、一番の理由はそのお手軽さにあります。投資信託というと、10万円、もしくは100万円単位のまとまったお金が必要だという意識を持っている人も多いのではないでしょうか。投資信託はしたいけど、そんなにまとまったお金は用意できない、そういった人にうってつけの投資信託が投信積立なのです。投信積立というのは毎月一定額を銀行鵜の定期預金のように積み立てるという方法なのですが、とにかく低予算で始めることが出来ます。月額1万円や1000円、最近ではなんと500円から始められるものもあります。

投資信託で得る収入は当然、確定申告で報告する義務があります。ですが、ある方法を知っておけば確定申告の必要は無くなるのです。一般的なサラリーマンが投資信託など、資産運用によって得た収入を申告する必要があるのは年間20万円以上の収入があった場合です。つまり、20万円までに収入を抑えておけば年度末の確定申告は必要なくなるというわけです。20万円までに抑える必要があるので大金を稼ぐことはできませんが、一つのテクニックとして覚えておくとよいでしょう。こういった少額の収入で構わないのであれば、源泉徴収票なしの確定口座か一般口座にしておけば税金を支払う必要は無くなります。もし、それ以上の額となる場合には投資信託の口座を源泉徴収票ありにしておけば自分で確定申告に行く必要が無くなるので便利です。